LP_title_bar_003

タバコの煙はPM2.5の宝庫!

2013.9.25|喫煙の真実


たばこの煙について






sigaradumani



たばこの煙についてわかったこと、
それはタバコの煙はPM2.5の宝庫だってこと。!


しかも元々たばこの葉に含まれる天然成分より、保湿や香り、風味、刺激などの銘柄別の特徴をつくり上げるために添加される化学物質が600種類以上(米国たばこ産業のデータより)だそうです。


更に火をつけて化学反応を起こさせるとタバコの煙には4000種類以上の有害物質が出来ちゃって、その大きさはなんと、直径0.4ナノメートル(1ミリメートルの100万分の0.4ミリメートル)前後の微粒子と有毒ガスで構成されているというから、もう、中国のPM2.5が…なんて言っている場合ではないですね。


更に、吸込む煙の成分を1として換算すると、周りにゆらゆらけむる副流煙にはその数倍の有害物質が漂っているというのですから、喫煙者の吸いながら副流煙をまき散らすさまはまるで毒ガステロのような…


喫煙が嫌われる理由がわかります。


➤ 禁煙失敗の強烈な記憶から脱出させてくれたチャンピックス(過去記事)


関連キーワード : 種類,中国,有害物質,銘柄,保湿,香り,風味,刺激,特徴,たばこ産業,米国,葉




この記事にコメント

*

トラックバックURL

カンヌ国際映画祭 */ -->