LP_title_bar_003

チャンピックスと禁煙のブログについて

2013.10.9|チャンピックス効果口コミ


チャンピックスと
禁煙のブログ








IMG_5312



チャンピックスによる禁煙成功体験が
載っているブログや日記が増えてきました。


禁煙っ…結構つらいよね!

昔は禁煙できないと意思が弱いとされていて、
肥満と同じように自分を制御できない人、
だらしのない人とみなされたこともありました。


本当はそうじゃないのにね。


なんで最近になって禁煙成功者が続出しているのか
それは最近、高性能な禁煙補助薬のチャンピックスや
ザイパン、ブプロンSR(ザイパンのジェネリック医薬品) が
医薬品として販売されているからなんです。


ニコチン依存症と診断されれば、ちゃんと3ヶ月の
医療保険も適用になって、禁煙外来として治療していただけます。


どれもニコチンを含まない飲み薬の禁煙補助薬で、少し前の
ニコチンパッチやニコチンドロップ、ニコチンガムの我慢しながら
ニコチンの摂取量を減らしていくのとは違って
タバコを喫煙しながら吸いたくなくなる(タバコがまずくなる)錠剤です。


医師に聞いたところ、ニコチンパッチやニコチンドロップの
成功率が20%~30%に対して、チャンピックスはちゃんと
5回(12週間)の禁煙外来を受けた場合は60%~80%というぶっちぎりの
記録的成功率だそうです。


でも正直、私は記事で失敗を超えて成功した実録の禁煙成功体験を
実践体験記として書いていますが、それに対して、禁煙だからといっ
て猛毒の煙とともにニコチン摂取までやめる必要はないと考えている
人たちもいるようです。(友人にもいます)


禁煙って言うけど、もしかすると勘違い?

もう1つの考え方は、猛毒の煙をやめるだけで、
ニコチン摂取は誰にも迷惑をかけないで続ける方法です。


ニコチンパッチやニコチンガム、ニコチンドロップなどなら
国際便など飛行機の機内でもニコチンを摂取することが出来て、
へなへなと離脱症状で力が抜けることもなくなります。


また、煙が出ないので副流煙などの2次被害も防止できる優れものです。


使い始めはある程度離脱症状が出てから使いはじめると、
タバコとの切り替えもスムーズにいよ~と、友人から
助言されてしまいました(とっくにやめてるのに・・・)。


そういう広い意味での禁煙ならば本当に「やってみよう!」と思いますよね~ ^ ^





つづく


関連キーワード : チャンピックス,禁煙,ブログ,補助薬,外来,記録,日記,本当,服用,正直,週間,実録,実践体験記,ニコチン,体験,失敗,錠剤



この記事にコメント

*

トラックバックURL

カンヌ国際映画祭 */ -->