LP_title_bar_003

ロキソニン 生理痛

2013.10.16|ロキソニン


ロキソニン 生理痛





E1330067114017_1


激しい痛みを当たり前と思ってひたすら耐えてしまうと、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫等が少しづつ進行して結婚後なかなか妊娠出来ずに産婦人科で診ていただいた結果、不妊診療で発見されることもあります。

ロキソニンと生理痛


初潮の頃から20代なかばまでに経験する痛みを機能性月経痛(月経困難症)といいますが、25歳くらいまでにはなくなると言われています。
でも、25歳頃からだんだん月経痛がひどくなる場合、激しい痛みを当たり前と思ってひたすら耐えて生理痛で家も出たくないとき、ついつい飲んでしまう鎮痛剤。

生理痛の重さは人それぞれですが、鎮痛座でごまかしてばかりいるとロキソニンが効かなくなって初めて病院で診断され進行した子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫等が診断される場合がありますので、一度産婦人科で診てもらったほうがよいでしょう。

一番効果的かのようにCMが流れていますがロキソニンは胃に負担をかけますので、できるかぎりセルフケアをして優しく体をいたわってあげて、どうしても耐えられない時に頓服がわりに服用する方法が望ましいです。

特に骨盤の内側などを温めると血行が良くなりますので、ジーンズやガードルなどのからだを締め付けるものや長時間にわたるデスクワークを避けて毛布やひざ掛けで腰回りを温めたり、時間かけた半身浴で血のめぐりをよくするために下腹部のマッサージをするのも効果的でしょう。

浴槽に香りのいい入浴剤やエッセンシャルオイルなど、リラックスしながらゆっくりと過ごすのも良いですね。

常備薬の解熱鎮痛薬として手元にストックしておきたいって方もいると思いますが、お医者さんが処方してくれるロキソニンは逆輸入の通販を扱っているオオサカ堂でしか取り扱いがありません。でも、送料無料な上1箱100錠入で購入すれば1錠あたり4.97円とかなり格安感があります。




関連キーワード : ロキソニン,生理痛,症状,病院,解熱鎮痛薬,購入,特徴,処方,番効果的,生理,笑顔,激しい痛み,子宮内膜症,子宮腺筋症,子宮筋腫等,不妊,不妊診療,初潮,機能性月経痛,月経困難症,鎮痛剤,重さ,効かない,診断,産婦人科,番効果的,胃,負担,セルフケア,優しく,体,いたわって,頓服,服用,方法,骨盤,内側,血行,腰回り,温,血のめぐり,半身浴,下腹部,マッサージ,浴槽,香り,入浴剤,エッセンシャルオイル,リラックス,ゆっくり




この記事にコメント

*

トラックバックURL

カンヌ国際映画祭 */ -->